レーシックの成功例

世界で失明した例がない

レーシック手術は世界各国で行われていますが、失明した例は無いということから安心して受けられると言えます。また、レーシック手術には様々な費用の差がありますが、術式によって成功率が変わるといった話も聞く事はありません。値段の差は使われる器具の違いによるもので、より高額で最新式の機材を使えば、値段も上がるといった形でしょう。10万円以下のレーシックだからといって、失敗率が上がるわけではないので安心して受けて下さい。

 

10万円以下の格安レーシックがある理由は、見え方をあまり調節していないという点にあります。角膜は人のようにそれぞれ形が異なりますが、安価なレーシックは人の手でフラップを作るため、それ程微細な違いまで測る事はできません。視力はアップしても、多少見え方が改善しないというケースもあるようです。スポーツ選手や細かい作業まで必要と言う生活を送っている方は、見え方を調整する値段の高いレーシックを選択したほうが良いです。また、眼に負荷かがかかる格闘家や水泳を行なう方などは、眼の強度が得られる術式でなければならないため、必然的に値段はアップしやすいです。

 

レーシックで失明したという例は世界中探してもありませんし、外科手術の部類では比較的安全なタイプだと言われています。